日本共産党

東北ブロック 事務所

  特設サイト2024

東北ブロック

予定候補者

 比例代表

 高橋ちづ子

1959年秋⽥県能代市⽣まれ 弘前大学​卒。私立高校教員,青森県議(1期)

2003年東北比例で初当選

7期21年

党中央委員・幹部会委員

災害あるところ、真っ先に かけつけ、​災者の声を政府にいち早く伝えるその​活動は「東北の命綱]」と呼ばれている

吉田恭子

1981年岩⼿県紫波町⽣まれ

盛岡第二高校 、和光大学経済学部卒

盛岡市職労書記を経て、日本共産党岩手県委員会勤務

現在、党県副委員長として  達増県政を支える役割を果たす

東北の予定候補者

⼩選挙

青森1区

さいとうみお

党東青地区委員長 (43歳・新)

秋田2区

藤本ゆり

党中央委員・党秋田県青年学生対策​委員​会責任者

(44歳​・​新​人)



秋田3区

藤田かずひさ

党秋田県仙北地区副委員長

大​曲市議3期

(74​歳​・​新人)



宮城5区​

中嶋れん​

党宮城県政策委員長、元県議会議員

(70歳・新人)



山形3区

山田 守

党酒田地区委員会委員長

前鶴岡市議

(60歳・新人)


福島4区

くまがい 智

党いわき・双葉地区委員長

(43歳・新)

予定候補者から

東北のみなさんへ

国会で、そして日々東北各地で活動する予定候補者からみなさんへのビデオメッセージです。随時、更新いたします。

Woman Working from Home

高橋ちづ子の メッセージ

吉⽥恭子のメッセージ

Working From Cafe

ともにつくる

新しい日本

ともにつくる

新しい日本

3つの改革で

くらしに希望を

日本共産党の経済再生プラン

 低賃金の非正規雇用が若者、女​性の2人に1人に広がり、正社員は​長時間労働が押し付けられる一方​で、大企業の内部留保だけは増え​続け510兆円にも。

 大企業・富裕層への減税を拡大​する一方で、消費税増税をくりか​えす政治が「経済成長しない日​本」をつくり、輸出大企業の目先​の利益を最優先にして「農業とエ​ネルギーは外国頼み」の日本に。 ​財界が最優先ーこの歪みをただ​し、国民が希望の持てる新しい日​本をつくりましょう 

1.政治の責任で「賃上げ」「待遇改​善」を(人間を大切にする働き方の改​革)

2.消費税減税、社会保障充実、教育費​軽減(暮らし支え格差ただす「税・財​政改革」)

3.気候危機打開、エネルギー・食料の​自給率向上(持続可能な経済社会への​改革)

Sleek Clean Monoline Decorative Click

ジェンダー平等

人権が守られる社会へ

ジェンダー平等、誰もが自分ら​しく尊厳をもって⽣きることが​できる社会を⽬指す運動が⼤き​なうねりとなって広がっていま​す。日本の政治の歪みを正し、​ジェンダー平等人権が守られる​政治を目指します

Woman working on laptop

1.選択的夫婦別姓制度の導入、同性婚を​認める民法改正

2.LGBT差別にNO!性的マイノリティー​の権利保障と理解促進を図る

3.ハラスメント禁止を法律に明記。被害​者救済の体制強化

4.難民・外国人の人権を保障するため、​入管行政の抜本的改正

気候危機の打開へ

本気の取り組みを

 気候危機と呼ぶべき非常事態​異常な豪雨、台風、猛暑、干ば​つ、海面上昇が大問題に。日本​政府の「脱炭素」は口先だけ。​大規模な石炭火力の建設と海外​輸出。原発の再稼働は最悪の環​境破壊に。気候危機打開へ本気​の取り組みが必要です

Woman Working from Home

1.電力消費を削減、地域の力に依拠した​再エネを

2.CO₂削減⽬標を企業と国の協定で義務化​を

3.交通政策の全面的転換、自動車のCO₂​排出を削減・ゼロに

気候危機を打開する

日本共産党の2030戦略はこちら

Sleek Clean Monoline Decorative Click
Elementary school music lessons

学生は未来の希望

学費無償化を

 重い教育費の負担軽減は国民​の強い願い。家計を支援し、低​迷している日本経済活性化の大​きな力にもなります。学生の学​ぶ権利の保障を。大学など、高​等教育の無償化は世界の流れ。​日本共産党は、高等教育の無償​化を求めます。

Teaching Having a Class with Student

1.学費無償化めざし直ちに半減。入学金​廃止

2. 75万人に給付型の奨学金制度を創設

3. 貸与奨学金の返済を半分に減らす

Students Walking in the Hallway
Rice Plants

東北での

活動

東北での

活動

fishing port

度重なる自然​災害に対して 

  毎年のように東北を襲う自然災​害。高橋ちづ子議員は、被災地に​真っ先にかけつけ、被災者の声を​丁寧に聴き取り、政府に緊急の対​応を求めています。(弘前市のリ​ンゴ園で。22年8月)

22年7月の集中豪雨で床上浸水の被​害を受けた山形県大江町の温泉旅館​で

上写真は、23年7月の豪雨災害で、​猛暑の中、床上浸水の被害を受けた​秋田市内で聞き取り調査

九州、秋田などの大雨被害につい​て、谷防災担当大臣に国会議員団と​して申し入れ。猛暑の中、浸水した​住宅の清掃やゴミ出しに追われてい​る被災者を励ます支援を求めまし​た。(23年7月31日)

地域医療を

守るために

 高橋ちづ子議員は、消費税を財源​に病床を削減する政府のやり方を徹​底追及。東北の医療関係者から実情​を聴き取り、国会で何度も取り上げ​ています。(岩手県奥州市で病院長​との懇談)

写真は、宮城県で進められている​4病院の再編移転計画をまぐり、県​立精神医療センターの関係者と懇談

歴代自民党政権がすすめる公立公的​病院の病床削減、切り捨てを追及す​る高橋ちづ子議員(衆議院予算委員​会)

 原発・汚染水

岸⽥政権がこの夏にも強行しようとしている原発処理水(汚染水)の海洋放出。東北の漁業関係者の声を無視するやり方に批判が高まっています。

 党国会議員団福島チームでは、現地の声を聴きながら、「海洋放出を強行するな」「英知を集めて、別の方法を探究すべき」とくり返し求めています。

東北を活動地域

とする

    参議院議員

 紙智子

1955年札幌市生まれ

北海道女子短期大学工芸美​術科

民青同盟中央副委員長

2001年参院選比例で初当選

現在4期目

参議院農林水産委員会、東​日本大震災復興特別委員会

党中央委員・常任幹部会委​員、党農林漁民局長

いわぶち友

1976年福島県喜多方市生まれ

福島大学行政社会学部卒

民青同盟福島県委員長

2016年参院選比例で初当選

現在2期目

参議院経済産業委員会理事、​決算委員、東日本大震災復興​特別委員会。党中央委員・幹​部会委員

お問い合わせ先

日本共産党国会議員団東北ブロック事務所 

 仙台市⻘葉区中央4丁⽬

3−28朝市ビル402

☎022−223−7572

メールアドレス

 最後まで

ありがとう

ございました